汐留メディア塾

知らせたい人 から 知りたい人へ

汐塾メディア塾(汐塾)は、
共同通信PRワイヤーをご利用いただいている会員の皆様をはじめ、
広く広報PR業務に携わっている方々のための、広報・メディア情報提供サイトです。

共同通信PRワイヤーの使命は、知らせたい人から知りたい人へ「情報をつなぐ」こと。
会員である企業・団体の皆様と報道機関の方々の橋渡しとなることが、私たちの役割です。
共同通信PRワイヤーは、「汐留メディア塾」の活動を通して、
双方のお役に立てる価値ある情報を提供し、共有してまいります。

CONTENTS

定期開催セミナー

PRW活用事例

メディア・インタビュー

PRWブログ

最新記事

初めての海外プレスリリース配信 ─ 失敗しないコツ

初めての海外プレスリリース配信 ─ 失敗しないコツ

海外メディアへのプレスリリース配信というと、ハードルが高いような印象がありますが、「海外プレスリリース配信サービス」を活用すれば、専門知識がなくても簡単に配信することができます。海外配信のポイントを整理しました。これさえ押さえておけば、失敗はありません。海外PRの第一歩です。ぜひご活用ください。

リリースタイトル(見出し)よりも「メール件名」が重要

リリースタイトル(見出し)よりも「メール件名」が重要

プレスリリースはその内容を簡潔に表現する「リリースタイトル(見出し)」が重要であることは言うまでもありません。しかし、今は配信先メディアの94%がメール受信を希望する時代です。プレスリリース配信サービスの場合には、実はこれ以上に「メール件名」が重要です。

広報・PRとは何か?

広報・PRとは何か?

広報・PRというとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?一般的には、「PR=宣伝」というイメージが強いのですが、本来の意味はちょっと違います。
PRは「Public(一般の人々) Relations(関係性)」の略で、「人々とどういった関係を築くか」という「企業と人の関係性」を指しているのです。

プレスリリース的な表現

プレスリリース的な表現

プレスリリースの書き方には、体裁だけでなく「表現」も大切です。大原則は、「凝らずに素直に、ストレート」。社内用語や業界用語は極力使わないで、わかりやすく。しかし、広告のキャッチコピーのような表現はNGです。そして、プレスリリース表現の「7つのポイント」を押さえて、読みやすい、正確に伝わる原稿を作成しましょう。

プレスリリースの構成

プレスリリースの構成

多忙な記者に自社のプレスリリースを目に留めてもらい、読んでもらうためにどうしたらいいでしょうか。最も重要なポイントは、タイトルや最初のパラグラフでいかに内容が伝わるか、ということです。他にも、プレスリリースの「書き方(体裁・表現)」には、いくつかのルールがあります。必ずチェックしてください。