汐留メディア塾

知らせたい人 から 知りたい人へ

汐塾メディア塾(汐塾)は、
共同通信PRワイヤーをご利用いただいている会員の皆様をはじめ、
広く広報PR業務に携わっている方々のための、広報・メディア情報提供サイトです。

共同通信PRワイヤーの使命は、知らせたい人から知りたい人へ「情報をつなぐ」こと。
会員である企業・団体の皆様と報道機関の方々の橋渡しとなることが、私たちの役割です。
共同通信PRワイヤーは、「汐留メディア塾」の活動を通して、
双方のお役に立てる価値ある情報を提供し、共有してまいります。

最新記事

大切なプレスリリースをメディアの担当者レベルまで確実に届けます(3/3)

大切なプレスリリースをメディアの担当者レベルまで確実に届けます(3/3)

メディアの記者・編集者やスタッフの元へは毎日たくさんのプレスリリースが届いています。その中からしっかり読んでもらい、ニュースにしてもらえるプレスリリースとはどういうものなのでしょうか?
報道機関である一般社団法人 共同通信社の経済部で記者から部長まで務めた株式会社 共同通信PRワイヤーの岩永社長に、記者時代から今日までのプレスリリースに関わる本音をお伺いしたインタビューの後編をお届けします。今回は共同通信PRワイヤーが他社よりも高い記事化率を達成している理由、昨今増えているプレスリリース、広報の現場事情など幅広い内容についてお話いただきます。

大切なプレスリリースをメディアの担当者レベルまで確実に届けます(2/3)

大切なプレスリリースをメディアの担当者レベルまで確実に届けます(2/3)

メディアの記者・編集者やスタッフの元へは毎日たくさんのプレスリリースが届いています。その中からしっかり読んでもらい、ニュースにしてもらえるプレスリリースとはどういうものなのでしょうか?
報道機関である一般社団法人 共同通信社の経済部で記者から部長まで務めた株式会社 共同通信PRワイヤーの岩永社長に、自らの経験から記者に読まれるプレスリリースの秘訣をお聞きしました。

大切なプレスリリースをメディアの担当者レベルまで確実に届けます(1/3)

大切なプレスリリースをメディアの担当者レベルまで確実に届けます(1/3)

メディアの記者・編集者やスタッフの元へは毎日たくさんのプレスリリースが届いています。その中からしっかり読んでもらい、ニュースにしてもらえるプレスリリースとはどういうものなのでしょうか?
報道機関である一般社団法人 共同通信社の経済部で記者から部長まで務めた株式会社 共同通信PRワイヤーの岩永社長に、自らの経験から記者に読まれるプレスリリースの秘訣をお聞きしました。

インバウンド対策と海外プレスリリース配信

インバウンド対策と海外プレスリリース配信

昨今、インバウンド対策のための海外向けプレスリリース配信が急増しています。
ホテル、運輸、小売業など直接インバウンド需要に関連するビジネスの他に、最近では地方自治体からの情報発信も増加中です。
今回の特集では、インバウンド対策の現状と、プレスリリースの海外配信についてまとめました。