汐留メディア塾

知らせたい人 から 知りたい人へ

汐塾メディア塾(汐塾)は、
共同通信PRワイヤーをご利用いただいている会員の皆様をはじめ、
広く広報PR業務に携わっている方々のための、広報・メディア情報提供サイトです。

共同通信PRワイヤーの使命は、知らせたい人から知りたい人へ「情報をつなぐ」こと。
会員である企業・団体の皆様と報道機関の方々の橋渡しとなることが、私たちの役割です。
共同通信PRワイヤーは、「汐留メディア塾」の活動を通して、
双方のお役に立てる価値ある情報を提供し、共有してまいります。

最新記事

大型連休にご注意を!〜海外のウィンター・ホリデー事情~

大型連休にご注意を!〜海外のウィンター・ホリデー事情~

海外向けプレスリリース配信で気をつけなくてはならないことのひとつが、配信先国・エリアの「祝祭日」です。
とくに大型連休となる時期は、現地メディアも取材活動をストップするため要注意です。
日本国内も、街がクリスマスの装飾で彩られるこの時期、知っておきたい海外の大型連休「ウィンター・ホリデー事情」についてご紹介します。

【3】英文記事の豆知識

【3】英文記事の豆知識

英文リリースには、英文記事と共通するルールが多くあります。
また、英文リリースの特徴として、欧米のジャーナリズムの取材体制や習慣、さらには欧米の伝統や文化が反映していると点などが挙げられます。
この章では、英文リリースを作成する際に知っておきたい、欧米のジャーナリズムや英文記事の豆知識について紹介します。

【2】英文リリース作成のガイドライン

【2】英文リリース作成のガイドライン

この章では、英文リリース作成時のガイドラインについて、項目別に抜粋してまとめました。
英文リリースならではの注意点もあります。また、共同通信PRワイヤーの推奨ルールもあります。
一般的な英文法に沿わない独特なルールも多いため、共同通信PRワイヤーでは、英文記事に精通した英文記者が校閲をした上で、海外リリース配信を行います。

【1】英文リリースの基本

【1】英文リリースの基本

グローバルPRの第一歩 ── 海外向けプレスリリース配信。最初の課題は「英文リリースの作成」です。
英文リリースは、単に「和文リリースを英訳したもの」ではありません。
基本的な構成は和文リリースと同じですが、英文リリースには独自のルールがあります。
本稿では、英文リリース作成の基本について、3つの章に分けてまとめました。
ぜひご参照ください。

【2】海外プレスリリース配信の実際

【2】海外プレスリリース配信の実際

共同通信PRワイヤーの海外配信サービスは、お客様のプレスリリースを、海外メディアに配信します。
アジア太平洋地域は「AsiaNet」を通じて配信し、欧米などその他の地域には「PR Newswire」を通じて配信します。
英語以外が公用語の地域では、各国の通信社が現地語に翻訳し配信します。
原稿の入稿から配信まで専任のスタッフが対応します。安心してご利用ください。