【第3回レポート】テレビ東京「ガイアの夜明け」チーフ・プロデューサー 野口氏が明かす~人気経済ドキュメンタリー番組制作の企画力と視点

2月19日(木)開催の第3回「汐留メディア塾」は、企業広報が特に注目する経済番組である、テレビ東京『ガイアの夜明け』チーフ・プロデューサー 野口 雄史 氏を講師に迎え、人気ドキュメンタリー番組の制作裏側についてご講演いただきました。

気になる制作体制はもちろん、過去の放映を事例に『ガイアの夜明け』の企画ポイントやテーマ決定の意図について、番組放映の舞台裏に深く迫る内容をご講演いただきました。

講演後は野口氏を囲んで懇親会も開催。野口氏との意見交換で個別に自社PRをされる方、会員様同士の異業種交流の機会として活用される方、それぞれに充実した時間をお過ごしいただけたかと思います。

【開催概要】
●日 時:2015年2月19日(木)16:00~18:30
●講 演:16:00~17:30
●懇親会:17:30~18:30(講師同席)
●会 場:汐留メディアタワー(共同通信本社ビル)

講演の骨子

人気経済ドキュメンタリー番組の制作裏側と今後注目する企業・モノ・コト

【1】ガイアの夜明けとは
番組開始のコンセプトと時代背景
【2】制作体制と企画について
スタッフ配置と体制、企画の発想パターンについて
【3】大切にしているテーマと伝えたいこと
繰り返し放送してきたテーマと番組を通して伝えたいメッセージ
【4】ネタ探しのポイントと今後、注目すること
プレスリリースに求める要素、今後注目する企業・モノ・コト
【講師略歴】
1990年、テレビ東京入社。『WBS』の記者兼ディレクター、国会記者クラブのキャップなどを経て、2002年『ガイアの夜明け』の番組立ち上げに参画。2002年はディレクターとして、2003年下半期からプロデューサーを約6年間務める。2011年10月から『ガイアの夜明け』チーフ・プロデューサーとして復帰。

参加者の声(抜粋)

●マスコミは、馴染みがない業界なので、どういう人がどういう苦労をして仕事をされているのかがわかると、相手を意識した動き方ができるようになる気がしました。

●通常、会話する機会のない、番組制作者の方と直接お話しする機会となり、大変刺激になります。