大型連休にご注意を!~アジア圏の大型連休、2月は春節!~

海外メディア向けのプレスリリース配信では、配信先国の休日に注意しなければなりません。
2月はアジア圏で春節の大型連休があります。
日本ではなじみがありませんが、「春節」とはどのような祝日なのでしょうか。
また、アジア各国・地域の2019年春節連休カレンダーもご紹介します。

中華圏で最も重要とされる祝祭日・春節

春節とは、旧正月(旧暦の正月)のことです。
日本では元旦に正月を迎えますが、中国や台湾などの中華圏および韓国、シンガポール、タイ、インドネシア周辺の
アジア諸国では旧暦で正月を迎えます。
最も重要とされる祝日として新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、国によって数日間の祝日が設定されています。

中国の春節では、国定祝日とされ「中華人民共和国労働契約法」で7日間が祝日と定められています。
伝統では、春節=家族の団欒とされ、ふるさとを離れ都会で暮らしている人も帰省して家族と過ごしますが、近年は連休を利用して家族と旅行にでかけるケースが増えており、日本を訪れる中国人観光客は毎年増加傾向にあります。
日本政府観光局(JNTO)が公表した2018年2月の訪日外国人客数は、前年同月比23.3%増の250万9300人、中国に限っては前年同月比40.7%増の71万6400人となり2月として過去最高を記録しています。

国・地域別の数値は以下のとおり。

出典:日本政府観光局(JNTO)

インバウンド対策のための海外向けプレスリリースについては特集記事の「インバウンド対策と海外プレスリリース配信」をご覧ください。

海外配信日にご注意を・・・春節の大型連休

春節は旧暦の新年を新暦(太陽暦)に照らし合わせるために毎年日程が異なります。
2019年の春節は『2月5日』です。各国によって祝日の日数が異なりますが、春節前後は日本でいう年末年始休暇となります。各国の休日は以下のとおりです。

2019年 アジア各国・地域の春節連休

この時期は各国のメディアも連休をとることになり、海外配信のオペレーションが停止します。
共同通信PRワイヤーでは、2月1日(金)~2月11日(月)の期間、アジアへの海外配信がご利用いただけませんのでご注意ください。

    

プレスリリース配信サービスの詳細はこちら

プレスリリース配信サービスの
詳細はこちら