プレスリリース講座

プレスリリースは、メディアを通して届けられる企業・団体からのメッセージ。
共同通信PRワイヤーでは、会員の皆様が作成・登録していただいたプレスリリースを、必要としているメディアにお届けしています。
会員の皆様がプレスリリースを作成する際の参考にしていただきたく、最も大切にしていただきたいポイントをまとめました。ぜひご活用ください。
  • 共同通信PRワイヤーでは、ほぼ毎月「プレスリリース・セミナー」を開催しています。ぜひご参加ください。詳しくは営業部までお問い合わせください。(原則として、PRワイヤーを既にご利用の方、現在ご利用を検討中の方を対象にしています)。
  • 共同通信社では、『広報担当者のための プレスリリースの書き方』を発行しています。詳細・ご購入は こちら から。
  • 共同通信社では、『記者ハンドブック 第13版』を発行しています。詳細・ご購入は こちら から。

記事一覧

1. プレスリリースとは?

プレスリリースは、企業情報を、ニュース素材としてメディアの担当者が利用しやすいように、文書や資料としてまとめたものです。メディア側は、プレスリリースから情報を得て、ニュースにすべきか否かを判断し、取材・編集を経て記事や番組として取り上げます。では、プレスリリースがニュースとして取り上げられるためには、どうしたらいいのでしょうか?

2. 選ばれるプレスリリース

記者の手元には、毎日全国から膨大な数のプレスリリースが届いています。それらの中から、「生活者に伝える必要がある」「生活者にとって有益な情報だ」と判断されたものだけが生き残ります。プレスリリースは「メディア(記者)の視点」で取捨選択されているのです。では、「メディア(記者)の視点」とは、どのようなものでしょうか?

3. プレスリリースの書き方

多忙な記者に自社のプレスリリースを目に留めてもらい、読んでもらうためにどうしたらいいでしょうか。最も重要なポイントは、タイトルや最初のパラグラフでいかに内容が伝わるか、ということです。他にも、プレスリリースの「書き方(体裁・表現)」には、いくつかのルールがあります。必ずチェックしてください。

4. プレスリリース的な表現

プレスリリースの書き方には、体裁だけでなく「表現」も大切です。大原則は、「凝らずに素直に、ストレート」。社内用語や業界用語は極力使わないで、わかりやすく。しかし、広告のキャッチコピーのような表現はNGです。そして、プレスリリース表現の「7つのポイント」を押さえて、読みやすい、正確に伝わる原稿を作成しましょう。

『広報担当者のための プレスリリースの書き方』 定価:1,080 円(税込・送料別)
共同通信社では、企業や団体の広報ご担当者様向けに、プレスリリースの書き方や発信方法の基本的なポイントを解説した書籍を刊行しています。本書では、国際通信社である共同通信社とグループ各社のノウハウをもとに、記者の視点と企業の視点から、プレスリリースの効果的な活用方法について紹介しています。
詳細・ご購入は こちら から。

『記者ハンドブック 第 13 版 新聞用字用語集』 定価:2,052 円(税込・送料別)
『正しい日本語で伝わる文章を』── 漢字と平仮名どちらを使うのか、送り仮名はどう付けるのか、同音異義語の使い分けは?・・・。用例が豊富な用字用語集と読みから引ける漢字表。外来語の正しい使い方も明記。一般企業の企画・広報担当者から WEB ライターまで、文章を書くすべての人にお薦めする日本語用字用語集の決定版。1956 年の初版以来 13 版目。5 年半ぶりに増補大改訂。
詳細・ご購入は こちら から。