トピックス

汐留メディア塾のスペシャルコンテンツページです。
広報・PRに関する時事、催事、トレンドなど、さまざまな話題をわかりやすくお伝えします。
PRワイヤーの年間予定や、活動実績などにフィーチャーした記事も掲載します。

記事一覧

プレスリリースは「メールで!」=【95%】

共同通信PRワイヤーでは、2001年の創業以来、毎年配信先メディアリストのメンテナンスを行ない、プレスリリースの受信方法を確認しています。
弊社からのプレスリリースをメールで受信するメディアは、2002年の【64%】から、2018年の【95%】へと、約1.5倍に増加しています。
一方Fax受信は、2002年【36%】から、2018年には約10分の1の【4%】へと激減しています。
今や「プレスリリースはメールで!」がスタンダードなのです。
プレスリリースの書き方も送り方も、「メール」を前提に考える必要があります。

第1回:SNS対策のためにタグをつけよう!【タグの効果とタグ付けのコツ】

プレスリリース作成の手順として、まずは「リード文」と「本文」を検討するかと思います。 そして「タイトル」のつけかたを工夫します。一目でわかる、記者の目をひくタイトルとは・・・。 さらに、プレスリリース配信の場合は「メール件名」が大切です。ゴミ箱行きにならない件名とは・・・。   ところが、SNS対策上もっとも重要な「タグ・キーワード」の設定については、いかがでしょうか? 「面倒だ」「やり方がわから […]

プレスリリースに対するメディアからの要望 〜2018/11 メディア・アンケート結果より

弊社では、年に2回、すべての配信先メディアを対象にメディアリストメンテナンスを実施しています。
また、ほぼ同時期に、弊社サービスの向上に役立てるために、メディア・アンケートを実施しています。
今回は、昨年11月に実施したアンケート結果の中から、広報部の皆さまの参考になるデータをピックアップしてご紹介します。

そのメディアリスト、メンテナンスされていますか?

プレスリリース配信において、メディアリストはとても重要なものです。
いかに素晴らしい内容のリリース原稿でも、適切なメディアに届かなければ意味がありません。
メディア担当者の人事異動や組織変更などは頻繁に行われています。
メディアリストも、常に最新の情報にメンテナンスしていく必要があります。
今回は、メディアリストの「品質」「許諾」「鮮度」「整合」という4つの視点から、メディアリストメンテナンスの重要性についてご紹介します。

動画の活用とプレスリリース配信

インターネットの普及とブロードバンドの整備を背景に、動画共有や動画配信のサービスが進展し、それに伴って動画コンテンツの利用者は急増しています。
さらに、スマートフォンとSNSの普及によって、動画の視聴や撮影、拡散も手軽になってきました。
このような環境の変化を受けて、広報・PRの分野においても、動画の活用が注目されています。
今回の特集では、動画を活用したプレスリリースについてご紹介します。

インバウンド対策と海外プレスリリース配信

昨今、インバウンド対策のための海外向けプレスリリース配信が急増しています。
ホテル、運輸、小売業など直接インバウンド需要に関連するビジネスの他に、最近では地方自治体からの情報発信も増加中です。
今回の特集では、インバウンド対策の現状と、プレスリリースの海外配信についてまとめました。